FC2ブログ

市庁舎◆夢にまで見た シェーンブルン宮殿

旅の6日目・中間!!!
 

ウィーンの美術館に驚愕
ナッシュマルクトの蚤の市に後ろ髪を引かれながら
向かったのは
市庁舎の地下にある
とても良い雰囲気のレストラン。
『Wiener Rathauskeller』
この建物が市庁舎だと知ったのは後からでした。

hana665.jpg

素晴らしい建物でした!


次に向かったのは 憧れの宮殿 
夢にまで見た シェーンブルン宮殿(Schloss Schönbrunn)
首都ウィーンにある宮殿でハプスブルク王朝の
歴代君主が主に夏の離宮として使用した宮殿。
この日のガイドさんは早口でとっても楽しいガイドさんでした!
宮殿と庭園群は世界遺産に登録されています。
シェーンブルンとは「美しい泉」という意味


hana629.jpg


マリーアントワネットの母として知られる女帝マリア・テレジアが好んだ
「マリア・テレジアイエロー」と呼ばれる黄色の壁、
宮殿の美しさを より一層引き立てていました。

マリア・テレジアが愛する家族と過ごし、
数々の歴史の舞台ともなったシェーンブルン宮殿。
中の撮影は禁止でしたがそれはそれは豪華絢爛でした。



嫁ぐ前のマリーアントワネットが暮らした部屋、
当時6才だったモーツァルトが演奏を披露した鏡の間も
ありました。
日本の漆で造られた全方向漆の部屋もありました。


hana592.jpg


シェーンブルン宮殿のミュージアムショップでは、
事前に調べていたのでエリザベートグッズ
購入するつもりでしたが
見つけられず・・黄色い紋章のカードを1枚購入。
カードにしてはお高め?と思いましたが
選び直す時間はありません;

中はメッセージを書く白地だと思って 家で広げると…
家系図でした
嬉しい!お土産のつもりでしたが
家宝に


hana630.jpg

次は 〝waltz〟という
オペラ座横のお店に移動し、 その後は少しの自由時間になるそうです。

旅の6日目・後半に続く・・・ 
2019.12.02 06:59 | Comment(0) | 押し花旅行 | Edit

管理者にだけ表示を許可する
TMP Designed by I'm looking for.