FC2ブログ

フランス旅・7日目 ◆Chapitre最終章◆スーパーマーケット&セザンヌのアトリエへ

フランス旅・7日目今日で観光はおしまいです。

最終日はお土産用、バターなどが購入できる大型の
スーパーマーケット
へ 寄り道してくださいました^^

実家用にパスタ、オーガニッククッキーや焼き菓子を。(オーガニック流行っているとガイドさん)
 (帰宅後激写)

qa8831.jpg



・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*


マルセイユの北30kmの場所に位置する aixenprovenceエクサン・プロヴァンス
印象派の巨匠・ポールセザンヌアトリエへ Paul Cezanne
エクサンプロバンス(AIX-EN-PROVENCE)駅から2km 徒歩 30分 大人:5.50ユーロ
レ・ローヴの丘にある 2階建ての小さな家。

qa8628.jpg




qa8627.jpg



2階のアトリエには興味深いものばかり。
絵のモチーフとなった壺や花瓶や林檎や石膏像なども展示。
セザンヌの使った実用品、自筆の手紙などもあり、実際に目で見て感動に心が震えました!!
カリグラフィーがありましたが字も美しい!!!!


qa8629.jpg


セザンヌに興味のある方には是非オススメの名所です!!!!
建物の回りは木々に囲まれてて気持ちのいい空間、、
記念写真を撮り、過ごしました。(知らぬ間にO先生が撮っていてくださいました) 


qa8784.jpg


こちらではセザンヌのポストカードと 栞家族と自分用土産に!


qa8613.jpg


8日間の旅ももう終わり。マルセイユ空港からシャルル・ド・ゴール空港へ
此処で羽田行きを待つため、(日本は負けてしまったけど)ワールドカップを見たり、
食事したり買い物をしたり・・。 少人数家族的なツアー。 
先生たちとの最終日は名残惜しい気持ちもあったけれど再会を約束して。


・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*

番外編
ファイルで超簡単に!!!!! ですが 『フランス日記』も完成!!!


qa8832.jpg



qa8833.jpg


ポストカードやパンフレットなどなどベタベタと^^


qa8839.jpg



qa8834.jpg


Bon journée …!!!!!
2018.08.17 06:59 | Comment(0) | 押し花旅行 | Edit

フランス旅・6日目 ◆Chapitre Ⅸ◆ゴッホの街へ

フランス旅・6日目アルルArles ゴッホの街へ

朝イチから広大なひまわり畑

qa8766.jpg


ゴッホが晩年過ごしたアルル。先ず代表作である「跳ね橋」
大好きな絵はここで描かれていました。
見られると思ってなくってビックリ感激!!!!

qa8768.jpg

そしてゴッホ像、自ら切り落とした左耳がありません。

qa8767.jpg



qa8769.jpg



qa8770.jpg


古代ローマ時代から中世にかけての歴史の息吹が強く感じられるアルルArles 
1世紀末ローマ遺跡 。完全な形の円形闘技場や劇場
今なお闘牛が行われるとのこと。



巨大過ぎてうまく写真が撮れなかったのでポストカードを購入


qa8828.jpg



こちら「カフェ・ヴァン・ゴッホ」というカフェ。
ゴッホの「夜のカフェテラス」というとても有名な絵に描かれているカフェです 感激!!!!
1888年にここでゴッホが描いたのですね~


qa8764.jpg


パリの生活に疲れたゴッホはロートレックの勧めでアルルに越しゴーギャンと共同生活。

アルルに来たからこそ描くことの出来た名画。
『ひまわり』や『夜のカフェテラス』 『アルルの跳ね橋』 などなどなど…。
ゴッホの有名な作品の多くは最後の2年間(アルル時代)に制作された油絵だそうです。

ゴッホのなんとも言えない黄色に惹かれます。
そして 『夜のカフェ』 『夜のカフェテラス』など
カフェ題材の人影が感じられる絵が特に好きです。



qa8777.jpg


このカフェのパエリアテイクアウト。絶品でした!! ご馳走さまでした^^


qa8776.jpg



それから教会や建築物もたくさん見学しノストラダムスの生家へ。
今までノストラダムスに興味がなく調べたことがありませんでしたが、
ノストラダムスはフランス人でした。

qa8772.jpg


1503年にプロヴァンスで生まれ、アヴィニョン大学で教養科目を、
モンペリエ大学では医学をそれぞれ学び医師としても多くの活動をしていました。
預言者だと思っていたノストラダムスは医師でした。肖像が描かれた建物や、
こちらの銅像のようなオブジェも。



qa8771.jpg


水場や噴水が多くとても素敵な街で散策が出来ました。

プロヴァンスを散策してると…フルーツとアーモンドを使用したお菓子
『カリソン◆Calisson』 専門店 『Roy Rene』 
かわいいパッケージのものが多くお土産として人気の菓子だそうです。


qa8765.jpg


此処では皆でたくさん購入したので 激写させていただきました。素敵!!!!!!
フランス王妃を笑顔にした『幸せのお菓子』と言われてるプロヴァンス銘菓。



海岸にも近いマルセイユのホテルに。食事をしに旧港へ。

qa8779.jpg


Restaurant Au Sanglier テラス席をビニールで囲った店内、ロケーションは最高
ヨットや船が沢山係留されてる旧港を眺め食事。

この港、、 飛行機がなかった時代に(江戸時代~)
日本から 約1,2ヶ月かけて航海し、初めて到着するヨーロッパの玄関口だったそう。
ここに降り立った 福沢諭吉はどう感じたのかな~????と、空想します。

ブイヤベースやバゲットには魚介の出汁でできたバター状のものを付けます。 
魚介は特に好きなので美味しくいただきました。


qa8663.jpg



最終日のホテルはロビーにテレビがあったので(しかも大スクリーン)
2018 FIFAワールドカップベルギー vs 日本を 応援!!!
こちらでは夜の8時開始でしたので 眠くならずに観戦。
惜しい結果でしたが 皆で応援出来たことも良い思い出に


観光は残り1日…急に名残惜しい気持ちに。
素晴らしい世界を今まで何十年も避けてきたことにちょっぴり後悔。
2018.08.16 06:59 | Comment(0) | 押し花旅行 | Edit

フランス旅・5日目 ◆Chapitre Ⅷ◆リル・シュル・ラ・ソルグから~PART2

フランス旅 マルシェを堪能し リル・シュル・ラ・ソルグから 
ゴルドGordes、 アヴィニョンAvignonへ!!! へ!!!
ランチ後向かったのは??  (5日目の続きです)


qa8730.jpg


ゴルドはフランスで最も美しい村のひとつと言われています。
そしてフランスでも有数の別荘地でもあるそうです。


qa8731.jpg


この日もラベンダー畑やお土産物屋さんでラベンダー小物、ハーブ、
ポプリ
を沢山見ました。


qa8735.jpg



qa8875.jpg


自分で撮った画像より断然良い!!!という理由で、カードを数枚購入


qa8835.jpg



qa8836.jpg



qa8837.jpg


・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*

途中、ゴルドの村で偶然撮ってあった こちら有名なお店だったようで・・

qa8774.jpg

映画『プロヴァンスの贈り物』の舞台にもなったレストラン
監督のリドリー・スコット 小説『南仏プロヴァンスの12か月』の映画化。

南仏の雰囲気を味わいたい時におすすめの映画で、全般美しい景色が映っているそうです。

・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*

ホテルで荷物を降ろしたあとは食事へ向かいますが
その前に世界遺産アヴィニョンの橋Avignon 経由!!!


qa8733.jpg


私たちは専用バスで直ぐすがアヴィニョン(AVIGNON)駅から徒歩15分かかるそうです。

壮大な歴史を感じるアヴィニョンの城壁 。 城壁前にもラベンダー畑
12世紀に完成したアヴィニヨン橋は子どもの数え歌 『アヴィニョンの橋の上で』に登場することで有名な橋。
『アヴィニョンの橋の上で』 は、古いフランス民謡だそうで、日本でも知られてますよね。

当時は22のアーチをもつ立派な橋だったそうですが 今は橋桁4本だけが残ってました。


qa8736.jpg


アビニョンの橋で 踊るよ 踊るよ
アビニョンの橋で 輪になって 組んで
子どもが通る おとなも通る

アビニョンの橋で 踊るよ 踊るよ
アビニョンの橋で 輪になって 組んで
兵隊さんが通る ♪ ~先生たち皆で口ずさんだ良い思い出。


こちら、一見お城???かと思いましたが14世紀には教皇が住んでいたらしく、
とにかく巨大なアヴィニョン教皇庁

qa8734.jpg


こちらを通り過ぎ食事へ。城壁の中も外も圧倒されることばかり。
夕食に出ただけのつもりが、中に食事の場があるので
観光、激写、魅力的なお店 したいことが盛りだくさんで目が回りそうでした。

市庁舎正面の広場にかなりゴージャスでアンテークな雰囲気の 
メリーゴーランド が遊園地でもないというのに突如現れましたが!!! 激写ならず

qa8760.jpg


・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*


qa8662.jpg


日本と違いフランスの日没はなんと9時半~10時頃、 1日が長いです。
夕食後 バスの中からの激写。 ここもラベンダー畑です。


qa8737.jpg

素敵な5日目が終わっていきます。
2018.08.13 12:59 | Comment(0) | 押し花旅行 | Edit

フランス旅・5日目 ◆Chapitre VII ◆ リル・シュル・ラ・ソルグから~

フランス旅 リル・シュル・ラ・ソルグへ向かいます。
 (5日目です)

人口2万人程度の小さな町のマルシェ ここがとても素敵で、活気が溢れてました。
街を取り巻く 運河に沿って歩きながらマルシェを皆で楽しみます
 

qa8728.jpg


バスを降り周りの様子を激写するだけでも気持ちが高まります。


qa8727.jpg


・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・


qa8724.jpg


ご一緒した先生たちのお陰でチーズや
オリーブ、お菓子など珍味を沢山試食しました。(お世話になりました^^)

qa8725.jpg



このお店では先生それぞれかなりの量の乾燥イチジクを購入 !!!
フランスの乾燥イチジクは美味しくってお安い。
毎朝ホテルのブッフェでもたくさん頂きすっかり虜に。



qa8726.jpg


乾燥イチジクの隣には日本のお菓子も!!!   OKAKI おかき

qa8742.jpg


その後、私は友人のお土産、ランチョンマットを購入。
 
qa8763.jpg


集合時間まで先生たちと老舗風お洒落カフェでアイスティーを。


qa8709.jpg


このあとも盛り沢山。先ずマルシェ近くの教会へ。

qa8729.jpg


フランス旅・5日目
リル・シュル・ラ・ソルグから この日は
ゴルド Gordes アヴィニョン Avignon と、見どころが多すぎるので
PART2へ続きます

2018.08.12 06:59 | Comment(0) | 押し花旅行 | Edit

フランス日記◆ Chapitre Ⅵ ◆ムスティエ・サント・マリー・コクリコ畑ラベンダー畑・マルシェ4日目 

フランス旅・4日目から南フランスの可愛いホテルで朝食 後、
ムスティエ サント マリーへ。  (まだ4日目)

ムスティエ・サント・マリー ヴェルドン峡谷(Les gorges deu Verdon)
ヴェルドン渓谷は、グランド・キャニオンにも例えられる規模が大きく深い峡谷


qa8715.jpg


コクリコの花も咲いています。

qa8762.jpg



qa8718.jpg


ムスティエ・サント・マリー村 大きくて双子のようなおとなしいワンちゃんの居るリストランテで
ランチ ・・・そして村を散策。白いカタツムリ

qa8712.jpg



qa8761.jpg

可愛いお土産屋さんを覗いて
ラベンダーのポストカードやFILT (フィルト) のネットバッグを購入 (帰宅後激写)

qa8829.jpg



石畳の坂道に沿って工房やショップが軒を連ねていて入りたいですが
この日は何故か結構しまっているお店が多く (フランスは週末定休日なのでしょうか?)
雰囲気だけ激写  素敵ですよね~ 営業中なら何か購入したに違いないです。


qa8719.jpg


カゴもお洒落でしょう・・? トランクが大きければどれか購入してましたね。


qa8720.jpg



qa8721.jpg




qa8723.jpg


小さな教会を見学、近くで 結婚式にも遭遇!!!


qa8722.jpg


Ansouis アンスイ村。 Lourmarin ルールマラン。
「フランスで最も美しい村の一つ」でもあります。
コクリコ畑ラベンダー畑を満喫。 (綺麗な写真が撮れてないです)


qa8714.jpg


マルシェにも遭遇し盛りだくさんの4日目
マルシェでクリエイターさんのアクセや絵を沢山見たり、村をぶらり。


qa8756.jpg


村では栞を2つ購入

qa8795.jpg


美しい花を激写してます。

qa8830.jpg



間もなく4日目が終了します。
2018.08.11 06:59 | Comment(0) | 押し花旅行 | Edit

フランス日記 ◆ ChapitreⅤ  ニースに到着!!!!3日目!!!

3日目、パリ シャルル・ド・ゴール国際空港から ニースにある
コート・ダジュール国際空港へ
到着後 サン・ポール・ド・ヴァンスへ!!! Saint Paul de Vence
(まだ3日目です)



可愛らしいレストランでランチ後 Saint Paul de Vence 街並み散策
村の入口にペタンクのボールのオブジェが置いてあります


qa8827.jpg



そして斜向かいの建物はホテル ・ラ・コロンブ・ドール
中村江里子さん が結婚式を挙げたホテルだとガイドさんが教えてくれました。
パリのホテルではなく村のホテル での挙式って素敵

その昔はピカソやミロなどが滞在したホテルとの事で 中には名画もサラッと飾られてるそう。
若い芸術家たちが宿泊代の代わりにこのホテルに作品を置いていったそうです。



qa8826.jpg




村全体が城壁で囲まれてます。古代ローマ時代は(現在墓地のある)Plateau de Puy に
防衛施設が築かれていたそうです。

先ず目についたのが美しい石畳

qa8677.jpg


16世紀頃の街並みがそのまま残っていて、
小路にギャラリーやお土産屋さんが次々現れます。


皆から離れないよう留意しつつお店に寄道。


qa8675.jpg



qa8678.jpg


ここでは押し花作家さんの作品があるお店が2軒あり
1軒では押し花の手漉き和紙風タペストリーを自分用に
もう1軒では、お土産用に 押し花作品がシールになったポストカードを数枚購入


qa8825.jpg




qa8679.jpg


Saint Paul de Vence (サンポール ド ヴァンス)は、芸術家に愛された村。
こちらにはマーク・シャガールの墓地がありたくさんの小石が置いてありました。
シャガールはサン・ポール・ド・ヴァンスに20年間ほど住んだそうです。
近くに住んでいたピカソ、マティスとは交流も有ったとか。


qa8680.jpg


・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*


次に訪れた Tourettes Sur Loup トゥーレット・シュル・ルー を 振り返ります。
バスを降りて外側から村を見ると城壁に並んでいるように見えた家々が
中に足を踏み入れると、、
細い通りに おとぎ話に出てくるような可愛い家やお店 が連なっていました。

qa8670.jpg



石造りの家と細い道が続きます。
この村は山奥にあり非常に行きにくい場所にあるそうです。
そのぶん 人が少ないので、の~んびりとした雰囲気で散策できます。
私たちは専用バスなのであっ!という間に着きました。


qa8671.jpg


Tourettes Sur Loupスミレの産地としても有名で、
スミレの花は村のシンボルだそうです。
なので地面はネイチャープリントのようなスミレが転写されてました。


qa8673.jpg



qa8669.jpg


なのでまず購入したのがこちらすみれの砂糖漬け ( 確か5€ )


qa8672.jpg


このお店ではスミレのアイスクリームが食べられるようです。「TOM'S」
他にも食べられるお店がいくつかありました!!
すみれの砂糖漬けの活用法として私が考えているのは
バニラアイスに トッピング!!!
大人の楽しみ方としてはシャンパンなどに落とすのも有りなようです!!!
夏、訪ねてきてくださった方とハーブティや紅茶に入れて楽しんでいます。
砂糖代わりに。お湯に溶けスミレの花が浮かびます。


qa8799.jpg



スミレの歴史は古代ローマにさかのぼり、
スミレには秘めた愛という意味合いがあるそうでロマンチックです。


歩いていくと、、 陶器工房がありました。
石造りの店内にはスミレはもちろんのこと
南仏らしい手描きの可愛い陶器が並べられてて、食器に興味のない私のテンションも
何故か急上昇

qa8665.jpg


こちらの可愛い豆皿を購入。10€くらい?で、2つ欲しかったのですが
作家さんが 『それは1つしか無いのよ~!!!』 って。
1つでも購入でき 素敵な思い出の品 に^^
ぽってりとした厚みのある質感が南仏の雰囲気。



マグカップもカフェオレボールもニワトリにスミレ柄で可愛かったな。

蚤の市のレースに続き 買わなくて後悔したもの 第2位です


qa8667.jpg



コートダジュール地方とプロヴァンス地方がミックスされているため
壁の雰囲気もお洒落^^
中世の村に迷い込んだような佇まい、、violette いっぱいで本当に素敵でした。
夕食を頂き3日目も終わります…。

2018.08.10 06:59 | Comment(0) | 押し花旅行 | Edit
«PREV | PAGE TOP |  NEXT»
TMP Designed by I'm looking for.