FC2ブログ

南フランスで見たお洒落な花たち Part3 ◆ お知らせ

ワールドカップ2018 フランスが見事優勝しましたが、
私たちの訪れた時期も負け知らず!の時でしたので
南フランス2つ目のホテル入口の このポスターも記念激写 


qa8654.jpg




qa8709.jpg




qa8652.jpg



qa8651.jpg



qa8653.jpg




qa8648.jpg



qa8647.jpg




qa8655.jpg



・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・

番外編

qa8906.jpg


北海道のお土産。ロイズの限定チョコレート!!!ご馳走さまでした。
この度の地震で大変な北海道を様々な形で応援したいです。

・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・

お知らせ

qa8925.jpg


第26回 押花ファンタジー《増山洋子と仲間たち作品展》
毎年勉強させていただいてる銀座での押し花展示会の案内状です。
楽しみに伺います^^ 10月1日〜10月6日(土)
11:00~18:00 (初日13:00~、最終日16:00迄)


qa8926.jpg
2018.09.18 06:59 | Comment(0) | 押し花旅行 | Edit

フランスのアンテークのスタンプ

qa8842.jpg


フランスの市場で見つけたアンテークのスタンプ
押してみました。
押し花に合う模様を選び 馬と農家風。


これからたくさん使いますよ。


qa8843.jpg



qa8841.jpg


・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・


こちら…自宅掃除の中で見つけたもの。 何に使えるでしょう?
鍵や枠などお洒落で可愛いパーツです。


qa8812.jpg


・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・

再度お知らせ

qa8888.jpg


"après-midi ギャラリー&ワークショップ" さんの素敵な案内状。


qa8887.jpg



La fin de l'été ラ ファン ド レテ  夏の終わりに...
場所 アプレミディ 鎌倉市腰越
2018.09.01 06:59 | Comment(0) | 押し花旅行 | Edit

南フランスで見た花・花・花 ◆ Part2 !!!!!

qa8649.jpg



野菜を売るお店でも向日葵が

qa8644.jpg


ゼラニウムやカランコエ、ペチュニアなど
プランターの花々も万国共通!

qa8641.jpg



qa8640.jpg



qa8639.jpg



こちらは南フランスに到着してすぐのランチ。
レストラン入口の花

qa8643.jpg



qa8650.jpg



qa8645.jpg



もう2度と出会えない景色!!! と、,思い
列から離れないよう留意しながらスマホに収め続けました。

Tout âge a ses fruits, il faut savoir les cueillir.

・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・

押し花絵画創造展コンテスト作品募集の締切が近付いて来ましたね。
「押し花絵画創造展第15回コンテスト」
◆応募受付:8月13日~8月31日
応募要項、応募用紙は、世界押花芸術協会のHPからダウンロードできます。
世界押花芸術協会のホームページ ここをクリック!!
2018.08.24 06:59 | Comment(0) | 押し花旅行 | Edit

乾燥イチジク!! 食・備忘録

今回のツアーは朝 昼 晩 全て食事付きのツアーでした。

今回は朝食のみ残します。

・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*

パリでは撮りそこねたので 南フランスのみ のUPです。


チーズとアップルパイが印象的!!!

qa8740.jpg


・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*

しぼりたてオレンジジュースとバターがGOOD。パンケーキも美味しい。

qa8739.jpg


・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*

乾燥イチジクは毎朝たくさん頂いてました。
クロワッサンもサクサク。

qa8738.jpg


・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*

また乾燥イチジクこんもり。そしてサーモン、豆煮やプラムも。

qa8741.jpg



食に関しては直ぐ忘れるので…食・備忘録です。
2018.08.21 06:59 | Comment(0) | 押し花旅行 | Edit

フランス旅・7日目 ◆Chapitre最終章◆スーパーマーケット&セザンヌのアトリエへ

フランス旅・7日目今日で観光はおしまいです。

最終日はお土産用、バターなどが購入できる大型の
スーパーマーケット
へ 寄り道してくださいました^^

実家用にパスタ、オーガニッククッキーや焼き菓子を。(オーガニック流行っているとガイドさん)
 (帰宅後激写)

qa8831.jpg



・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*


マルセイユの北30kmの場所に位置する aixenprovenceエクサン・プロヴァンス
印象派の巨匠・ポールセザンヌアトリエへ Paul Cezanne
エクサンプロバンス(AIX-EN-PROVENCE)駅から2km 徒歩 30分 大人:5.50ユーロ
レ・ローヴの丘にある 2階建ての小さな家。

qa8628.jpg




qa8627.jpg



2階のアトリエには興味深いものばかり。
絵のモチーフとなった壺や花瓶や林檎や石膏像なども展示。
セザンヌの使った実用品、自筆の手紙などもあり、実際に目で見て感動に心が震えました!!
カリグラフィーがありましたが字も美しい!!!!


qa8629.jpg


セザンヌに興味のある方には是非オススメの名所です!!!!
建物の回りは木々に囲まれてて気持ちのいい空間、、
記念写真を撮り、過ごしました。(知らぬ間にO先生が撮っていてくださいました) 


qa8784.jpg


こちらではセザンヌのポストカードと 栞家族と自分用土産に!


qa8613.jpg


8日間の旅ももう終わり。マルセイユ空港からシャルル・ド・ゴール空港へ
此処で羽田行きを待つため、(日本は負けてしまったけど)ワールドカップを見たり、
食事したり買い物をしたり・・。 少人数家族的なツアー。 
先生たちとの最終日は名残惜しい気持ちもあったけれど再会を約束して。


・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*

番外編
ファイルで超簡単に!!!!! ですが 『フランス日記』も完成!!!


qa8832.jpg



qa8833.jpg


ポストカードやパンフレットなどなどベタベタと^^


qa8839.jpg



qa8834.jpg


Bon journée …!!!!!
2018.08.17 06:59 | Comment(0) | 押し花旅行 | Edit

フランス旅・6日目 ◆Chapitre Ⅸ◆ゴッホの街へ

フランス旅・6日目アルルArles ゴッホの街へ

朝イチから広大なひまわり畑

qa8766.jpg


ゴッホが晩年過ごしたアルル。先ず代表作である「跳ね橋」
大好きな絵はここで描かれていました。
見られると思ってなくってビックリ感激!!!!

qa8768.jpg

そしてゴッホ像、自ら切り落とした左耳がありません。

qa8767.jpg



qa8769.jpg



qa8770.jpg


古代ローマ時代から中世にかけての歴史の息吹が強く感じられるアルルArles 
1世紀末ローマ遺跡 。完全な形の円形闘技場や劇場
今なお闘牛が行われるとのこと。



巨大過ぎてうまく写真が撮れなかったのでポストカードを購入


qa8828.jpg



こちら「カフェ・ヴァン・ゴッホ」というカフェ。
ゴッホの「夜のカフェテラス」というとても有名な絵に描かれているカフェです 感激!!!!
1888年にここでゴッホが描いたのですね~


qa8764.jpg


パリの生活に疲れたゴッホはロートレックの勧めでアルルに越しゴーギャンと共同生活。

アルルに来たからこそ描くことの出来た名画。
『ひまわり』や『夜のカフェテラス』 『アルルの跳ね橋』 などなどなど…。
ゴッホの有名な作品の多くは最後の2年間(アルル時代)に制作された油絵だそうです。

ゴッホのなんとも言えない黄色に惹かれます。
そして 『夜のカフェ』 『夜のカフェテラス』など
カフェ題材の人影が感じられる絵が特に好きです。



qa8777.jpg


このカフェのパエリアテイクアウト。絶品でした!! ご馳走さまでした^^


qa8776.jpg



それから教会や建築物もたくさん見学しノストラダムスの生家へ。
今までノストラダムスに興味がなく調べたことがありませんでしたが、
ノストラダムスはフランス人でした。

qa8772.jpg


1503年にプロヴァンスで生まれ、アヴィニョン大学で教養科目を、
モンペリエ大学では医学をそれぞれ学び医師としても多くの活動をしていました。
預言者だと思っていたノストラダムスは医師でした。肖像が描かれた建物や、
こちらの銅像のようなオブジェも。



qa8771.jpg


水場や噴水が多くとても素敵な街で散策が出来ました。

プロヴァンスを散策してると…フルーツとアーモンドを使用したお菓子
『カリソン◆Calisson』 専門店 『Roy Rene』 
かわいいパッケージのものが多くお土産として人気の菓子だそうです。


qa8765.jpg


此処では皆でたくさん購入したので 激写させていただきました。素敵!!!!!!
フランス王妃を笑顔にした『幸せのお菓子』と言われてるプロヴァンス銘菓。



海岸にも近いマルセイユのホテルに。食事をしに旧港へ。

qa8779.jpg


Restaurant Au Sanglier テラス席をビニールで囲った店内、ロケーションは最高
ヨットや船が沢山係留されてる旧港を眺め食事。

この港、、 飛行機がなかった時代に(江戸時代~)
日本から 約1,2ヶ月かけて航海し、初めて到着するヨーロッパの玄関口だったそう。
ここに降り立った 福沢諭吉はどう感じたのかな~????と、空想します。

ブイヤベースやバゲットには魚介の出汁でできたバター状のものを付けます。 
魚介は特に好きなので美味しくいただきました。


qa8663.jpg



最終日のホテルはロビーにテレビがあったので(しかも大スクリーン)
2018 FIFAワールドカップベルギー vs 日本を 応援!!!
こちらでは夜の8時開始でしたので 眠くならずに観戦。
惜しい結果でしたが 皆で応援出来たことも良い思い出に


観光は残り1日…急に名残惜しい気持ちに。
素晴らしい世界を今まで何十年も避けてきたことにちょっぴり後悔。
2018.08.16 06:59 | Comment(0) | 押し花旅行 | Edit
«PREV | PAGE TOP |  NEXT»
TMP Designed by I'm looking for.